So-net無料ブログ作成
検索選択

花子とアン ネタバレ 19週

NHK連続テレビ小説「花子とアン」19週のあらすじを
紹介します。


関東大震災から半年経った、1924年(大正13年)・春。

花子(吉高由里子)は翻訳の仕事なら何でも引き受け、
英治(鈴木亮平)は工事現場で働いていた。

二人の目標は、資金をためて印刷会社を再建し、
亡くなった郁弥(町田啓太)が提案していた
「『王子と乞食』の単行本化」を実現すること。

しかし、乗り気でないかよ(黒木華)は花子たちと距離を置き、
夜な夜な屋台で働き始める。

ある日、そこへ蓮子(仲間由紀恵)が…


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ